« 地ビール紀行(1)8/19夜 ただその為にだけ旅に出てみた | トップページ | 地ビール紀行(3)8/20午後 小樽~ニセコへ »

地ビール紀行(2)8/20午前 小樽にて・・・前半戦最大の山場?

2日目(その1)。

*この地ビール紀行は(1)からお読み頂くとおもしろさ倍増です^^*

朝起きてからとりあえず、って感じで札幌へ移動。
札幌で朝ごはんを食べたのですが、特にやることないので(笑)、やや早いが小樽へ行って観光する事にしました。

札幌から小樽まで電車で30分くらい。
早いですね~。
小樽駅に置いてある無料の観光地図を片手に一路運河を目指します。

もちろん、歩きで!!

いやいや、タクシーやバスの方が早いし楽に決まってますが、今後大量にカロリーを摂取するのがわかりきっているので、
先に消費しときましょう~なのです(笑)

てくてく歩いて運河へ向かうわけですが、

暑い!!

今年の北海道は猛暑らしく気温も30度近くあり、日向を歩いていると汗が滴り落ちます。
でも湿度が低いので日陰に入るとすぅ~っと汗が引くのはさすが北海道ですね(笑)

運河近くをウロウロしていると、お目当ての看板を発見!
コレッ( ・ω・)っ『小樽ワイナリービール』

Otaru_wainebeerweb 小樽ワイナリー(北海道ワイン)製造のビールですね。
そうそう、コイツら(地ビール)のために遥々海を越えてやってきたのです!!
もちろん3本セットで即購入♪
ヴァイツェン、ヘレス、メルツェンの3種類ですが、小樽からレンタカーを借りる予定なので、その場では飲めませんでした・・・飲酒運転厳禁!!
詳しくはコチラ↓
http://www.hokkaidowine.com/item_list.shtml?id=09335f7cefcc1e7fb90a7894f3f7a286

そのあとも何かに導かれるようにふら~っと歩いていたら・・・またまた発見!!
ホイッ( ・ω・)っ『小樽ビール』

Otaru_beerweb
小樽ビール銭函醸造所のビールです。
ピルスナー、ドンケル、ヴァイスの3種と季節限定のシュヴァルツ(黒)の4本です。
当然4本ともお買い上げ~♪
詳しくはコチラ↓
http://www.otarubeer.com/

北海道にしては暑い昼中に7本のビールを持ち、汗をだらだらと流しながら放浪しておりましたとさ(汗)

まあ、旨いビールを飲めるのだから我慢できますけど(笑)
でもやっぱりその場で「生」を飲みたかった・・・(涙)

そしてこの日のメインイベントとなる、小樽の鮨を求めて移動。
狙いは観光客向けではなく、地元の人が通うお店。
事前にものすごく時間をかけて情報収集してあったので(当然ですよ~っと♪)、割とあっさり目的のお店へ到着。
いや~、ネットって便利ですねぇ。
お店の情報はもちろん、実際行った人の感想や評価も見れるのはありがたいです。
で、そのお店の名前は、
イラッシャイ!!( ・ω・)っ『みよ福』
かなり気付きにくい場所にあるので、普通の観光客は見逃してしまう(と、いうよりその付近へは行かないかな?)でしょう。
そのおかげで(笑)地元民の隠れ家的な雰囲気を醸し出してます。
お店はカウンターに7~8人、奥のテーブル一つといった感じで、大将と奥さんと若い女の子(娘さん?)の3人で切り盛りしてます。

お昼の12時開店なのですが、割と早く着いてしまったためその辺をフラフラして時間を潰して12時5分にお店へ行ってみると・・・
すでにカウンターの4席しか空いてません(笑)
しかもその3分後にはまたお客さんが一組入ってきたので、12時8分には満員御礼状態。
12時10分に来たお客さんは断られてました(汗)

ここの鮨は、安くて旨い!!と、評判なのですが、
何と言っても特上で1人前1900円!!
いやいや、ちゃんと鮮度抜群のトロもボタンエビもウニもありますよ??
しかもウニはキタムラサキウニの上にエゾバフンウニが搭載されておりますがな♪
味は・・・そりゃ旨いですよ!!
まあ、開店早々に満席になる訳ですね(笑)
(ちなみに、小樽周辺の相場は3~4千円くらいかな?)

大将!!ホントにこの値段でいいんですか??
そりゃ安い方がいいですが・・・(笑)

2日目(その2)へ続く・・・続けます、はい(笑)

|

« 地ビール紀行(1)8/19夜 ただその為にだけ旅に出てみた | トップページ | 地ビール紀行(3)8/20午後 小樽~ニセコへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地ビール紀行(2)8/20午前 小樽にて・・・前半戦最大の山場?:

« 地ビール紀行(1)8/19夜 ただその為にだけ旅に出てみた | トップページ | 地ビール紀行(3)8/20午後 小樽~ニセコへ »