« 地ビール紀行・道東(5) | トップページ | 地ビール紀行・道東(7) »

地ビール紀行・道東(6)

三日目@前編

この日も早起きしてそそくさと出発。
なぜなら今夜の宿は旭岳(旭川)・・・ってどんだけ走るんだ??
とりあえず世界遺産知床を堪能すべく知床五湖へ行ってみます。
Siretokokouennsennweb 知床五湖へ至る道はまるで大自然のトンネルを潜り抜けるような奇妙な感覚を覚えます。

意訳:植物も空気も何もかもが濃密な空間とでも言う感じってことで(笑)

Siretokokouennsenn_sikaweb ついでに鹿密度も濃い目です♪

早朝に漂う冷気に身震いしながら駐車場に到着。
さすが知床、気温は15℃くらいです。
知床五湖に出没するヒグマの生態や危険性について書かれている看板には最後に一言、

「ここも例外ではありません!!」

ナ、ナンダッテ~!?ヒィー(((゚Д゚;)))ガタガタガタガタ

そんな警告に身震いしながら一湖へ。
遊歩道を看板に従いながら歩く事十数分。

Siretoko_ikkoweb_2 あいにくの曇り空ながらまずまずの写真が撮れました。
ってか、ベタすぎる写真(笑)




Siretoko_ikko2web 別アングルから。
ちょっと明るくしてみたが明るすぎるかも(汗)

Rausudakeweb うっすら羅臼岳が見えます。

Siretoko_nikoweb 次は二湖へ。

天気があまりよろしくないのがちと・・・。
でもまあいい景色なので良し!ですね(笑)

と、ここで三湖方面へ行く道にこんな看板が・・・

Siretokogoko_keepoutweb
ナ、ナンダッテ~!?
ヒィー(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

さすが世界遺産知床・・・
間近にヒグマの脅威を感じる事の出来る数少ない場所ですな。
ヒグマ密度も濃いのね・・・(*´(エ)`*) 呼んだクマ?
ヒグマの恐怖に身震いしながらすごすごと退散しました(汗)

世界遺産を後に次に目指すのは斜里町。
北海道ならではの光景をげっとしに行きます。
国道334号を斜里町峰浜で左折。
Sharichouminehamaweb するとこんな光景が・・・!

ウホッ!

これはいい直線!!

登り坂ですが適度にアップダウンしてるのがわかりますね。
で、この丘を登って行き、右を向くと見えるのが次の画像。

No2chokusennweb

ナ、ナンダコリャ!?( Д) ゚ ゚

これはまさしく目玉が飛び出すほどの衝撃的な光景でした。

見渡す限り遙か彼方の地平線まで道路が続いてますがな!
それもそのはず、斜里町の直線道路は27.5kmもあるそうです。
かすんで見えない先もまだ直線ってのは驚きを通り越して笑いが止まりませんでした(笑)
でも、この直線は日本で2番目に長い直線だそうな・・・(汗)
一番は道内の美唄市にあるそうです。
ま、いつか行きますよっと♪

三日目@後編へ続く

-------------------------------チラシの裏-----------------------------

そういえば9月13日に地震来なかったですね!

よかよか♪

|

« 地ビール紀行・道東(5) | トップページ | 地ビール紀行・道東(7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地ビール紀行・道東(6):

« 地ビール紀行・道東(5) | トップページ | 地ビール紀行・道東(7) »