« 地ビール紀行・伊豆~富士山編(4) | トップページ | 地ビール紀行・番外編 札幌(2) »

地ビール紀行・番外編 札幌(1)

今日は地ビール紀行の番外編をお届けします。

何故に番外編なのかというと、本人は全く地ビール紀行をするつもりがなかったのと・・・まあ、あとで述べます。

敬老の日とその翌日に北海道へ行ってきました。
うちのオヤジが来年古希になるとかで何かお祝いでもするかとなったからです。。
で、どこか旨いものを食いに行こうという話になり、札幌にて旨いもので食い倒れる事になりました。
子供の時以来の家族4人での旅行です。

兄貴は神奈川に先月移動になったので羽田から、あとの3人はセントレアからのフライトで、新千歳で待ち合わせることに。
レンタカーを借りて札幌場外市場へ移動して海鮮な昼ごはんにを頂きました。
みんなウニ丼とかウニ丼とかウニイクラ丼とか刺身定食とか。
いや~鮮度が良いために激ウマですな。
早速の海鮮を堪能したあとは、早くもお土産を買い漁って(海鮮系の送りのモノはこの市場で早々に送ったほうが後が楽ですよね)からJR札幌駅にあるホテル日航へチェックイン。
ってか、千歳~札幌は電車移動にしてレンタカーは札幌で借りれば良かったじゃん・・・

9月下旬から10月上旬まで札幌の大通り公園にてオクトーバーフェストなる催し物があるそうなので行ってみることにしました。
本場はドイツのミュンヘン発祥のビール祭りだそうですが、ここのは北海道各地から特産品や地の食材を使ったB級グルメ、ラーメン、ビールやワインなどがそれぞれの売店にて売りだされています。
大通り公園4~8丁目までのかなり広いスペースで開催されているこのお祭りは「巨大な物産展」と言っても良いと思います。

4丁目ではドイツビールの樽生が飲めるビールバーがあったので、当然ここで飲みます。
ヴァイスビアと呼ばれる白ビール(小麦が入っている。ヴァイツェンとも言う)の生が飲めるなんてなかなかないですよ。
白特有の甘みがあるけどしっかりとした苦味もありコクもあるという激ウマなヴァイスビアでした。

そのあとはブラブラと8丁目まで行ってみましたが、飲食売店が立ち並ぶエリアでは盛大に煙が上がっていて、それに釣られるようにウマそうな香りが漂っています。
海鮮網焼きとかジンギスカンとか地鶏やスープカレーなど、

どこを向いても北海道の名物が・・・( ̄○ ̄;)!

鳴るお腹、溢れ出る唾液を押さえつつオクトーバーフェストを後にしました。
ここで食べてしまってはこの後の予定に差し支えるからです。
実は地ビールもそれなりに種類が集まっていたのですが、ちょっとボッタクリな値段のがほとんどだったので全然買ってません。
ちなみに帰り際に買ったのはほぼ定価と思われる札幌産のNORTH ISLAND BEER6本。
North_island_beer本もあると重くて持ち運びが大変なのですが、それは地ビールマニアの宿命ですな(`・ω・´)
左からスタウト
コリアンダーブラック
IPA(インディアペールエール)
ブラウンエール
ピルスナー
ヴァイツェン

そして本日のメインである海鮮居酒屋へ向かいます。

長くなってしまったので次回に続く(笑)

|

« 地ビール紀行・伊豆~富士山編(4) | トップページ | 地ビール紀行・番外編 札幌(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地ビール紀行・番外編 札幌(1):

« 地ビール紀行・伊豆~富士山編(4) | トップページ | 地ビール紀行・番外編 札幌(2) »