« 剱岳と立山三山縦走(3) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(5) »

剱岳と立山三山縦走(4)

三日目 二日目はこちら

前日は無事に剱岳登頂を果たし剣御前小舎まで降りてこれましたが、本日は立山三山縦走というこれもちょっと頑張らないとならない目標を掲げて朝4時に起床しました。
朝起きてみると夕べよりは小降りですが雨が降っており、風も強かったのでかなり頑張らないとなりません。
立山三山とは室堂ターミナルから見て北東の別山、東の雄山、南東の浄土山の三座の事で、これらの山々の稜線は繋がっており三山を縦走する間に他の山にも登れてしまうというなんとも贅沢な縦走路です。
しかも別山(2880m)~真砂岳(2861m)~富士ノ折立(2999m)~大汝山(3015m)~雄山(3003m)~ここで一旦下って一ノ越山荘まで降りてまた登り返して~浄土山(2831m)というまさに雲上の縦走路となっております。
ちなみに立山というのは一般的に雄山・大汝山・富士ノ折立の三座を指すとの事です。

当然景色も素晴らしく、両側に氷河の侵食でできたカールと呼ばれる谷が広がっており、ハイマツの緑色と白い雪渓と色とりどりの高山植物の花とあいまってまさに絶景・・・

晴れていれば(´・ω・`)ショボーン

5時過ぎに出発する時には雨も止んでおり幸先の良い出だしです。
でもいつ降り出すかわからない雲行きだったのでカッパを着て別山に向けて歩き出しました。
御前小屋から別山までは距離も近いし登りもさほど厳しくないのであっさり到着。
社があったので参拝しようとしたら賽銭向きの小銭がほとんどなく、仕方が無いので超小銭(金額はお察しください)にて参拝ヽ(´▽`)/
その後、社の前のスペースを借りて朝食の弁当を食べました。
しかし食べていると雨が降り出したので社の軒先を拝借してご飯を食べてそそくさと出発しました。
(雨のため写真が撮れませんでした)

別山から真砂岳の先までは稜線が広いところもあり迷いやすいので注意すべし、と御前小屋のスタッフの方からの教えを思い出して歩きます。
一度下って真砂岳まで登りますが確かに真砂岳付近は分岐も多いし、稜線を意識していないと間違えて雷鳥沢の方へ下って行ってしまうのもわかる気がしました。
しかし今日一番やっかいだったのは猛烈な風。
気温が低いのに雨は降るしガスは出るし強風は吹くしで、

まるで修行僧のようだ・・・

110817_masagodakeそんな大自然の洗礼を受けながらも真砂岳(2880m)に到着。
当然ですが、

何も見えません(;´д`)トホホ…


110817_ryousenn1ちょっと休憩をして次の富士ノ折立(2999m)へ向かいます。
折立まではちょっと登りがきつい所もありますがまだまだ早い時間なのでそれほど疲れもなく到着。
この富士ノ折立は標高が2999mと昨日登った剣岳と同じと思うとこの立山三山の稜線が雲上の縦走路である事を改めて実感しました。
110817_fujinooritate1ここで休憩をしようとすると、今朝宿でみかけた3人組の親子と出会いました。
親子と言ってもおいらと同じくらいか少し年上の息子さんとそのご両親というなんともパワフルな家族なのですが、よくよく思いだしてみると昨日の剱岳でも見たような気がしました。
親子で登山なんて素敵ですなぁ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
その親子は先に出発しましたがおいらたちはここで少し休憩。
他にも学生風の2人組があとから来て休憩していました。

休憩も終わり荷物を背負って歩き出したところ、学生風の2人がじっと岩陰を見つめていました。
と、その時、その方面で何やら動く物体が・・・

いました、ライチョウ!

110817_raichou1_2 2羽のライチョウがのんびり歩いていました。
ってか、すぐそこです!
慌てて荷物をおろしカメラを取り出そうとしましたが、思わずライチョウ、ライチョウと騒いでしまったので少し遠くへ逃げてしまいました(;´д`)トホホ…
でもカメラを構えると岩陰から出てきたのでかろうじてライチョウとわかるシルエットを撮影できました(v^ー゜)ヤッタネ!!
人生初ライチョウに感激しつつ折立を降りますが、富士と名前がつくだけあって晴れた日には富士山が見えるのかな?

大汝山までは割と近いのですが途中で大雨となり、大汝山山頂直下の大汝休憩所でトイレ休憩。
ここで先ほどの親子3人に出会ったのでライチョウの話をすると息子さんが残念がってました(´・ω・`)ショボーン
と、言うのも、天候の悪い時にライチョウはよく出没するらしいので今日は狙っているとカメラを持って目を輝かせておられました(*゚∀゚)=3 ムッハー!!
後で知ったのですが、天候の悪い時や視界の悪い時に出没するライチョウですが、どうやら天敵から身を守るためにあえて視界不良時に行動するようです。
そして雷がなるような悪天候の際によく見られることから「雷鳥」と名付けられたそうな。

へぇ~!!!!

一つ賢くなりましたな(v^ー゜)ヤッタネ!!

(続く)

|

« 剱岳と立山三山縦走(3) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(5) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳と立山三山縦走(4):

« 剱岳と立山三山縦走(3) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(5) »