« 剱岳と立山三山縦走(4) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(6) »

剱岳と立山三山縦走(5)

三日目 後半 (前半はこちら)

大汝休憩所で温かいココアをすすりながら冷えた体を温めてから大汝山へ向かいます。

8月だってのにこんなに冷えたりするのも修行の一環でしょうか
(´;ω;`)ウウ・・・

110817_oonannjiyama雨も少しおだやかになったので大汝山へ登ります。
休憩所からはすぐの岩山でここが山頂(3015m)。
看板に「がんばれ」の文字がヽ(´▽`)/

富士ノ折立あたりから浮石の多い歩きにくい道となっていますが、ここから雄山までも雨で濡れているせいもありますが登りにくい道です。
立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)の主峰であり立山信仰の総本山たる雄山へのこの登りで更に雨も強くなってきて・・・まさしく修行。

それでもなんとか雄山へ到着すると例の親子3人が先に到着していて、3003mの山頂の社へ参拝するには先に拝観料500円を払う事、そしてその拝観料にてお祓いをしてもらえるから山頂参拝は後にしたほうが良いと教えてくれました。
まったくわかっていなかったので助かりました(*^ー゚)bグッジョブ!!
110817_oyama天気が良ければ本来は山頂の社でお祓いをしてくれるそうですが、生憎の天気なのですぐ下の社務所内でお祓いをしてもらいました。
ちなみに15分ごとにお祓いを実施しているのでいつ登っても安心です゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
神妙になりつつお祓ってもらってから山頂へ参拝しまた社務所へ戻って交通安全のお守りを買いました。
ふと思ったのですが、見た感じではここの雄山山頂では神主さん、巫女さん、社務所の窓口の方、売店の方と4人がお勤めされていらっしゃいましたが・・・毎日通勤されているのでしょうか?
それとも泊り込み勤務なのでしょうか?
正直、どうでもいいことですが妙に気になりますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

雄山からは一ノ越山荘まで一旦下り、そこから浄土山へと登り返します。
この雄山の下りがちょっと大変で、浮石や岩がゴロゴロと転がっておりしかも雨で滑りやすいし思いの外急斜面だしで手を焼きました。
驚いたことに、そんな困難な登山道にもかかわらず、明らかに観光客とわかる格好の人たちもちらほら登ってきていました。
中にはスニーカーにジーンズでしかもカッパの代わりに透明ポンチョとう怖いもの知らずな人もいて、驚くというより呆れ・・・もとい、感心しましたΣ(`0´*)
まだ登りだからいいものの、そんなスニーカーでは下りは滑ってそれは恐ろしいことになると容易に予想できますよね
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

やっぱり安全面的に山登りはそれなりの格好をしましょうよ|ω・)

一ノ越山荘まで降りてくる直前からまた大粒の雨に変わった事もあり若干寒さを感じたので山荘でホットコーヒーとホットココアを注文したものの、雨をしのぐ人たちで玄関がごった返していました。
温かい飲み物で体を温めてから気を引き締めて浄土山へ登り出しました。
この登りも岩が多くて歩きにくい急登ですが、立山三山最後の一座を目指して登ります。
ほぼ登り切ったところで視界が開けて分岐に差し掛かりました。
ここの三叉路で右へ行けば浄土山経由で室堂へ出るルートと、左へ行けば五色ヶ原を経由して薬師岳や黒部五郎岳、そして槍ヶ岳まで続く北アルプス裏銀座の稜線となります。
思わず左へ行きそうになりつつも後ろ髪を惹かれながら右へ歩き出しました。
いつかは表銀座と裏銀座の稜線をぶっ通しで歩いてみたいのもです。

そんなこんなで気がつけば浄土山へ到着。
浄土山では大学生の山岳部と思われる一隊が大荷物を背負ってつらそうな顔をして歩いていたのが印象的でしたが、生憎の雨で画像はございません。
とりあえずこれで立山三山縦走の目的はほぼ果たされました。
あとは下るだけなのですが、この浄土山から室堂へ出る下りが今日一番に大変だった気がします。
雄山からの下りよりもっと浮石が多くて雨もあって滑りやすく、しかも疲れも出ていたので余計に大変でした。
立山三山縦走も今回は別山からスタートしたのですが、もし浄土山から始めたとしたら最初のこの登りで心が折れそうになったかもしれません(;´д`)トホホ…
雨はやんだのですが、ヘロヘロになりながら浄土山登山口まで降りてきました。
さすがに疲れたのでお弁当の残りの肉団子をほおばって体力を回復しますが、御前小屋のお弁当の肉団子がメチャメチャ旨くて疲れた体に染み渡りました。
そのうちに途中で抜かした登山者二人組も降りてきましたが、さすがに疲れきっていて大変だったと苦笑してました。
室堂に降りたらちょうど昼過ぎだったので昼ごはんを作るべく一番近い山荘である室堂山荘へ向かいます。
この室堂山荘はなんと日本最古の山小屋と言われており、今は新しくて立派な建物となっていますがすぐ横に室堂小屋と昔に呼ばれていた重要文化財に指定されている旧小屋があります。
そんな歴史ある建物の横で作る昼飯は・・・カレーライス(`・∞・´)
といっても、アルファ米にレトルトカレーですがψ(`∇´)ψ
作っている途中であまりにも腹が減りすぎたので、まだ米が硬かったけど食べてしまいましたヽ(´▽`)/

無事に剱岳登頂と立山三山縦走を果たしたのでごほうびにみくりが池温泉で一風呂浴びて本日の宿がある弥陀ヶ原へ向かって高原バスに乗りました。
ご褒美なので弥陀ヶ原ホテルというちょいとお高いホテルで旨い飯を食ってゆっくり寝ましたとさ。

まあ、剱岳に登れなくても三山縦走ができなくても・・・予約は入れてあるんですけどね

(続く)

|

« 剱岳と立山三山縦走(4) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(6) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳と立山三山縦走(5):

« 剱岳と立山三山縦走(4) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(6) »