« 穂高の西の端~焼けた岳へ歩いてきました(2) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(2) »

剱岳と立山三山縦走(1)

お盆休みを利用して立山へ行ってきました。
もちろん目的は剱岳へ登ることと、立山三山縦走です。
3泊4日の盆休みのすべてをこの立山に注ぎ込みました。

14日の仕事も終わって23:40発の信州ライナー(夜行バス)にてアルペンルート長野県側登り口の扇沢へ向かいます。
翌朝7時の扇沢発の関電トンネルトロリーバスに乗りアルペンルート突入しました。
トロリーバスの次は黒部ケーブルカーにて黒部ダムへ。
そして黒部湖駅までダムの上を歩きますが、もうすでに観光用のダムの放水が始まっていました。
実際に見るのは2回目ですが、圧巻なのは相変わらずですね。
次は立山ロープウェイにて大観峰へ一気に高度を稼ぎます。
天気も悪くなかったので後立山連峰の鹿島槍などが見えました。
大観峰からは立山トンネルトロリーバスで室堂へ。
こんな早朝にもかかわらず満員御礼で立ち乗りが出るほどの盛況ぶり。
運良く座れましたが、さすが盆休みです。

110815_mikurigaike 室堂で登山の最終準備とルートの確認をしました。
本日の予定は室堂~剣御前小舎~剣山荘まで。
さて、最初はまだ雪渓の残るみくりが池を経由して雷鳥沢キャンプ場へ向かいます。
キャンプ場には色とりどりのテントが立ち並んでいて楽しげです。
そこから一気に高度を上げて雷鳥坂を登りますが浮石の多い登山道で、110815_raichousawa1_2たまに登山道なのか沢なのかよくわからなくなる不思議な道でした。
一度登山道をそれてガレた沢へ出てしまい、そのまま登り切って登山道に戻ったことがありましたι(´Д`υ)アセアセ
そのまま登って行くと見えてくるのが剣御前小舎
昭和5年に開業した老舗山荘です。
この日は御前小屋ではなくこの先の剣山荘で泊まる予定なのですが、ちょうど昼時だったので庭先を借りてご飯を食べました。
風が強かったため小屋の横で風を避けながらお湯を沸かしてカップヌードルのシーフード味とカレー味を食べましたが、やっぱり山でのご飯は何を食べても旨いです。
今ではカップヌードルもカップの付いていない(中身だけが真空パックになってる)レフィルが売っていて、荷物も減らしたいしゴミは必ず持ち帰らなければならないので非常に助かります。

110815_turugisawa1休憩も終わり次は本日の宿である剣山荘へ。
御前小屋から3本のルートがありますが、予定では真ん中のルートを通るつもりがどうやら雪渓がありアイゼン必須と書かれた看板があったので諦めて剱沢から剣沢山荘の横を通って剣山荘へ向かうことにしました。
このルートはなだらかに下っていくだけなので楽々と剣沢山荘に到着。
110815_turugisawasekkei1 その手前では広大なテント場があり、ここでも色とりどりのテントが無数に設置されている様子が遠くから見えます。
剣沢山荘で少し休憩をしてから剣山荘へ向かいましたが、ここからは緩やかに登っていく道になりました。
ルートの途中に雪渓がありどうしたものかと思いましたが、ほぼ水平に歩く道だったので無事に渡りきりました。
しかし、一安心と思ったら突然雨がぱらついてきました。
慌ててカッパの上着だけ取り出してザックカバーもして歩き出したのですが、宿についた直後に土砂降りに┐(´д`)┌ヤレヤレ
ギリギリ間に合いましたヽ(´▽`)/

剣山荘にて驚いたことはシャワーがある所でしょうか。
稜線上の山荘はもちろん、普通は山では水は非常に貴重なので水道水ですら大切に扱うのが当たり前なのです。
石鹸やシャンプーは使用できませんが、お湯で汗を流すだけでも気持ち良いものですしね。
髪の毛や頭皮だってお湯でしっかり脂を落とすだけでずいぶんさっぱりするし臭いも取れるものです(・∀・)イイ!

翌日は行動時間も長めになるので朝5時から剱岳へ登る予定でしたが、今朝5時に剱岳へ向けて出発した登山者の方の話を聞いていると、どうやら5時出発でも上部の鎖場で渋滞していたとの事。
それを聞いて予定を3時起床の4時出発に変更しました。
そのため、ご飯を食べて翌日の山頂アタック装備を整えて寝床に入ったのが

夜7時(・_・)エッ....?

普段ならまだ仕事中ですな。
果たしてこのイレギュラーな就寝時間で寝れるのかどうかも不安になりながらも疲れのせいもありいつの間にか眠りに落ちていましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

(続く)

|

« 穂高の西の端~焼けた岳へ歩いてきました(2) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳と立山三山縦走(1):

« 穂高の西の端~焼けた岳へ歩いてきました(2) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(2) »