« 剱岳と立山三山縦走(2) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(4) »

剱岳と立山三山縦走(3)

二日目 後半 (前半はこちら)

ガスで晴れるのをずっと待ち続けていたい気持ちになる剱岳山頂ですが、前日泊まった剣山荘よりさらに下の剣御前小舎まで下りる予定なので名残惜しいですが下山します。

って、ただ単に寒いだけですが(*´ェ`*)

110816_kaninoyokobai1 山頂から降りて少し歩くと登りの時に難儀した「カニのタテバイ」を迂回する下り専用のルートである「カニのヨコバイ」に到着。
巨大な岩壁に僅かな足場が左下方面に伸び、そのうちその足場も水平になるのですが、ちょうど肩の高さにその足場に並行になるように鎖が張ってあり、こちらも文字通りカニが横に這うように鎖を掴みながら狭い足場を横に進んでいきます。
ここも剱岳では有名な鎖場(つまり厳しいってことですね)なのですが、運悪くガスが風に乗ってこの岩壁に吹きつけて濡れていたために

足場が滑って恐怖感倍増ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

なんとか鎖にしがみつきながら腕力でクリアという情けない結果に(;´д`)トホホ…
本来ならしっかりと足場を踏みしめて安全に渡ってこなければならないのですが、足場が滑るのと早く行かなければという焦りと周りを見る余裕のなさから無理をして生存確率を下げるようではこの先が思いやられます( ´・ω・`)

110816_suichokuhasigo そしてその後すぐに10mほどのステンレス製の垂直はしごが登場。
はしごを降りだせばそれほど怖くないのですが、なんせこのはしごも濡れていて降りる体勢になるまでが滑ってそれはもう恐ろしかったです。

110816_kusariba1 この付近から上がもっとも危険度の高い剱岳の核心部みたいですが、まだまだ鎖場もあるので気を抜かないように降りていきます。
110816_kusariba2 安全登山マップにも下りのほうが事故が多いと出ていますしね。

そんなこんなで前剱まで戻ってきて休憩。

110816_maeturugi3 ここらへんまで降りてくるとガスも晴れて周囲の視界が開けてきました。
天気も良くて、

110816_maeturugi4 山頂も晴れてさえいれば絶景だったのに!

と思える風景が広がっていました。

その後も一服剱で休憩、そして無事剣山荘まで帰ってきました。
さすがに4時すぎから行動していたのでまだまだ午前中ですがすでに6時間以上は行動していたので疲れがでてしまい、この疲れを回復させるにはこれしかないとばかりに

生ビールを注文!!!

ぷは~~~ぁ!!!

仕事した後のビールの旨いこと(*^ー゚)bグッジョブ!!

110816_maeturugi5 地図を広げて今行ってきた道、帰ってきた道、厳しかった岩場、ガスって何も見えなかった山頂などをを反芻しながらそれをツマミに1時間ほども休憩してしまいました。
↑北方稜線にも思いを馳せました。
まあ、あとは剣御前小舎までの行程なのでのんびり行きましょう
(`・∞・´)

剣山荘をあとにして前日通った雪渓の少ない剣沢小屋を目指して歩き出しますが、

なぜかいきなり道を間違えたらしい・・・( ゚д゚)ポカーン

どうやら前日に雪渓が多く残ると警告のあった道を歩き出していました。
すぐに気がついたので引き返そうかと思っていたところに前方から登山者がやってきたので雪渓の状態を聞いてみました。
するとアイゼンなくても大丈夫との事、歩きやすく整備されているそうなので行ってみました。

確かにいくつも雪渓がありましたがほぼ全てに階段状の段差が作られていたので歩きやすかったです。
でもそれ以上にだらだらと続く上り坂が疲れた体にはこたえました。

おかげで一回コケたのは内緒でヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

最後の雪渓を渡りきったところで剣御前小舎に到着。
予約はしてあるので早速手続きをして部屋に荷物をおいてから昼食の準備にとりかかりました。
この日も前日と同様に御前小屋の横で風を凌ぎながらお湯を沸かします。
本日のメニューはチーズ&ブロッコリーのパスタとチーズクリームのリゾット。
いずれもお湯に入れて水分がなくなるまで煮詰めるだけというお手軽&軽量なので山メシにはいいかも。
ただ、山だからなのか火力が弱いのかわかりませんが、思ったより麺や米が柔らかくなるのに時間がかかったのが残念。
腹が減っているので待ち時間が長く感じます
マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
まあでも、味は旨かったので満足ですけどね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
こんな山奥でもお手軽に本格的な味のパスタやリゾットが食べれるなんていい時代になりましたね。

食事の前に富山県警の山岳警備隊の隊員さんの講話があるそうなので談話室に行ってみましたφ(・ω・ )メモメモ

まず最初に「登山届は必ず出して欲しい」との事。
例えば北アルプスに登山に行くと言って出ていったものの、帰ってこないから捜索願を出したとしても、
北アルプスという広大な地域の中で探すのは本当に困難だそうです。
登山届が出されていれば探す範囲が相当絞られるので「早く発見できる=生存率アップ」と言うことだそうです。
同時に家族の方や友人や知り合いなどの誰かに「何県の何とか山に行ってくる」と伝えておくと尚いいそうです。

次に「水はこまめに飲むべし」との事。
登山中の熱中症対策に水は必ず飲む必要があり、しかもこまめに飲むのがいいそうです。
気温にもよりますが通常春~秋の3シーズンであれば1時間に必要な水分量は、

1時間に必要な水分量(cc)=体重(kg)+装備(kg)x5

だそうです。
おいらの場合だと体重60(kg)+装備10(kg)x5=350(cc)となり1時間で必要な水分量は350ccで、一日8時間行動するとなると2800ccの水が必要だとか。
まあ、さすがにそんなには飲めませんが(一応常時2L以上の水分は持ってはいますが)、この話を聞いてからはスポーツドリンクをこまめに飲むようになりました(塩分も大事なので)。
倒れてからでは遅いですしね。

最後に「行動食を取りなさい。」との事。
当然ですが登山はカロリーを消費します。
減った分は摂取しなければ体は行動するエネルギーがなくなり思うように動かなくなることもあるとか。
休憩の際はカロリーメイトとかソイジョイとか少しエネルギーになりそうな物を取るといいそうです。

富山県警では登山中の事故を減らすために山岳警備隊の隊員さんを中心に地域の山荘を回っていろいろとお話をされているそうです。
もしお話を聞く機会があれば色々と聞いてみると身に染みていいかもしれません(  ̄^ ̄)ゞラジャ

講話が終わり食事も済んで明日の確認をして就寝。
明日は立山三山縦走の予定ですが、夕方から雨が本格的にふりだしたので果たして朝までに止むのかどうか不安になりました。
でもさすがに疲れているのであっさりと寝てましたが
(´△`)Zzzz・・・。o○

(続く)

|

« 剱岳と立山三山縦走(2) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳と立山三山縦走(3):

« 剱岳と立山三山縦走(2) | トップページ | 剱岳と立山三山縦走(4) »