« 涸沢で紅葉を見ようじゃないか(1) | トップページ | 晩秋の御嶽山 »

涸沢で紅葉を見ようじゃないか(2)

涸沢で紅葉を見ようじゃないか(1)はこちら

111011_karasawa1_2 黎明の涸沢

111011_karasawa2

涸沢小屋と北穂高岳

111011_karasawa3

涸沢ヒュッテと前穂高岳

真夜中に風が唸る音にしばしば起こされましたが、翌朝は5時頃に起床しました。

モルゲンロートと呼ばれる朝日を見るためでしたが、

残念ながらこの日は日が出る方角が曇っていたために見れませんでした( ´;ω;`)ブワッ

穂高連峰の上空は晴れていただけに残念度が5割増しな感じでした。

朝ごはんを作っていると早くも出立する人達がいましたが、よく見ればすでに奥穂高岳や北穂高岳の登山道に取り付いている人がいたりで山の朝の早さに毎度驚かされます。
今回は涸沢から上には登らないのでゆっくりとご飯を食べました。
メニューは生姜サムゲタンスープに昨日の残った白米を投入して雑炊に。
息も白くなるほど冷え込んだ朝には持って来いなメニューです
(*^ー゚)bグッジョブ!!

すっかり明るくなる頃にはテントも収容し下山の途につきます。
予定では下山路はパノラマ新道を通って徳沢園に向かうつもりでした。
パノラマ新道は足場も悪い箇所がいくつもあり楽しそうな登山道らしいのですが、いかんせんこの重い荷物を背負って通過する気になれなくてあえなく昨日の道を逆走して下山することにしました
(;´д`)トホホ…

昨日の登りで左の膝が笑っていたのですが、今朝は荷物を背負うと少し痛みを感じました。
こんな事もあろうかと膝に巻くサポーターを装着。
元々右膝に爆弾(古傷)を抱えているのでサポーターは必須です
(`・∞・´)

食料も水もお腹に入ったので荷物は少し軽くなりましたが、それでも劇的に軽くなるわけではないのでゆっくりと膝に負担がかからないように下山しました。
111010_kinomi 道中にこんな木の実がありました。
すれ違った人に名前を聞いたのですが、もう忘れました・・・(ノ∀`) アチャー

111011_kouyou1 本谷橋付近では紅葉も綺麗な木がちらほらとありました。
今年の上高地は全体的にあまり紅葉が綺麗じゃない感じですね(´・ω・`)ショボーン

横尾山荘を過ぎ徳沢園に到着。
ここで名物のラーメンを昼食にしようと思っていたのですが、なんとこの日はラーメンの取り扱いがないとかで食べれず(´Д⊂グスン
聞いてみると繁忙期はやっていないとか。
とくに最近はラーメンをやっている日が少ないそうです。
仕方が無いので山菜うどんを注文。
さすがに平日だけあって昨日までの混み方とは違います。
昨日は徳沢園の前も横尾山荘の前も人で溢れていましたからね。
しかしその前日、前々日つまり3連休は涸沢史上最高の人出だったとか。
詳しくは徳沢園や涸沢ヒュッテのブログを御覧ください。
有り得ないほどのテントの数と人出の様子がわかります(笑)

徳沢園を出て明神橋を経由してようやく上高地バスターミナルへ到着。
そこでバスに乗って沢渡駐車場で降りましたが、ちょうどバス停の目の前がお蕎麦屋さん&温泉という絶好の登山客ホイホイ的なナイスなお店。
もう夕方でしたが「お風呂に入ったお客さんは責任をもってお蕎麦も食べさせます!」という素敵な女将さんのお言葉に甘えて温泉へ。
すると見事に吸い寄せられた登山客が2人いました(笑)
2人ともご年配な方でしたが、白髪なご老人は涸沢からパノラマ新道で降りてきたそうな。
もう一人の初老なおじさんは横尾山荘に泊まって今朝一度涸沢に上がってからまた降りてきたそうな。

ってか、どんなけ健脚なんだΣ(`0´*)

ちょうど新蕎麦が出た頃だったので美味しくいただきました。
温泉と蕎麦、山へ行ったら必須ですな(・∀・)イイ!

今年の紅葉がいまいちだったのでまた来年も行かなければ、と思いました。
来年は奥穂高岳にも登りたいし、北穂高岳も前穂高岳も・・・キリがないですね(笑)

(完)

|

« 涸沢で紅葉を見ようじゃないか(1) | トップページ | 晩秋の御嶽山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涸沢で紅葉を見ようじゃないか(2):

« 涸沢で紅葉を見ようじゃないか(1) | トップページ | 晩秋の御嶽山 »