« 残念、無念・・・ | トップページ | 北アルプス表銀座、プチ縦走記(2) »

北アルプス表銀座、プチ縦走記(1)

7月9日から10日にかけて北アルプスへ行って来ました。
今回は北アルプス表銀座縦走コースの燕岳から大天井岳までテントを背負って縦走してきました。

実は槍ヶ岳か奥穂高岳を狙っていたのですが、どうやら今年は冬の降雪が多い上に梅雨時の降雨が少ないらしくて融雪が進まず、7月のこの時点では残雪が多すぎてアイゼンやピッケルなどの冬装備なしではそれらの山にはまだまだ近づけなさそうでした。
なので今回は北アルプスで登山可能な山にしました。

登山口の中房温泉に深夜到着し朝まで仮眠してからテント装備を背負って出発します。
燕岳は去年も同じような時期に登ったので覚えているのですが、30分おきに休憩が取れるようにベンチが設えてあります。
重い装備なので予定より遅れながらも確実に登り合戦小屋へ到着。
ここで名物のスイカを食べました。
去年も思ったのですが、「めちゃめちゃ甘い!!!」
120709_suikaすでに3時間くらい登ってきたのでこの甘さが体に染み渡ります。
そして今年はパインがあったのでそれも食べてみましたが・・・こちらは普通(笑)

しばし休憩してからボチボチと登りだしましたが、合戦の頭を過ぎた辺りから雪渓が出現し始めました。
120709_yukinokaidan去年は山頂付近にある山小屋・燕山荘のすぐ下に少しだけ残っていただけでしたが今年は何箇所が残っていて、それこそ燕山荘直下はまだ雪が大量に残っており雪の階段となっていました。
まだまだ冬道を通るルートもあったそうです。

予定では燕山荘まで4時間で到着なはずが、5時間ほどかかっての到着。
荷物が重いせいですね(;´▽`A``
昼ごはんを短めにして大天井岳までの縦走路を歩き出しました。

このころは今いる表銀座縦走コースから奥に見える立山連峰も薄っすらと雲がかかっていていましたが、歩くにつれ雲が晴れたり曇ったりの繰り返しでした。
時々雲の切れ間から槍ヶ岳が見えたりしてテンションが上ります。

燕岳から大天井岳、常念岳を経て槍ヶ岳まで続く縦走路を北アルプス表銀座縦走コースといいますが、まさしく夢の様な景色の中を歩く表銀座にふさわしいロケーションです。
120709_juusouro1個人的に縦走路好きなので見ているだけでも心躍りますヽ(´▽`)/
だってずっとこの道を歩いていけばいつか槍ヶ岳まで行けるんですよ?
そりゃワクワクしますよね(`・∞・´)

そのワクワク感を全身に感じながらひたすら歩いていくわけですが、ちっとも大天井岳がみえてきません。
さすがにガスや雲が出ているので先が見にくいのですが、歩けども歩けども目の前には縦走路がひたすら続いています。
やや足に疲労を覚えながら歩いていると、目の前の登山道になにやら茶色い物体が道に穴を掘って半分ほど埋まっていました。
近づいてみると・・・

120709_juusouro2 雷鳥でした!

登山道の真ん中で砂遊びをしていたようです。
あとで聞いた話ですが、なかなかめずらしい光景だったそうで、ちょっと得した感じですね(v^ー゜)ヤッタネ!!
でもこの雷鳥さんはなかなか道をどいてくれなくて、熊よけの鈴を鳴らしまくったらようやくめんどくさそうにどいてくれました
120709_juusouro4そしてなぜか逃げるというよりは登山道を進行方向に50mほど「道案内」してくれました(*^ー゚)bグッジョブ!!

やっと「大下りの頭」という場所に来てみて愕然としたのですが、まだ行程の半分位しか到達していませんでした。
120709_juusouro3しかもこの急坂を下った後はまた急登を登り返さなければならず、マジで心が折れそうに。
荷物が軽ければまだ気が楽なのでしょうが、余計なモノが詰まったザックを心から呪ったのでした。
とはいえ、引き返すわけにもいかず、一歩ずつ前に進むことにしました。

ようやく大天井岳が見えてきたはずなのですが、分厚い雲の中でした。
振り返ると今まで歩いてきた道が見えます。
120709_juusouro5よくぞここまで来たものだ・・・と感慨にふけると少しテンションが上がるのは気のせいでしょうかヽ(´▽`)/

ヒイヒイ言いながら登り返して疲労から足もつりながらもようやく「切通岩」と呼ばれる鎖&ハシゴ場に到着。
120709_juusouro6正直そうも怖くはなかったけどなんせ疲労が足に溜まっているので慎重に鎖をとハシゴを降ります。

この日は大天荘という小屋でテントを張る予定なので、縦走路を分岐し疲れた体を鼓舞しながら疲労困憊でしたが夕方5時過ぎに到着!
まだ日が残っているので早速テントを張る・・・と、その前に、

生ビール!!!

そりゃそうでしょう、このために山に登ってんですから(違)

疲労困憊の体に流しこむこの一杯。

周りに人がいるのに「ぷは~!!!うめぇ~!!!!!」と絶叫(*゚∀゚)=3 プハー!!

五臓六腑に染み渡るとはまさにこの事か!と納得。

今年一番美味いビールを飲んだ気がしましたヽ(´▽`)/

とりあえず一息ついたらテントを張りました。

120709_juusouro7そうこうしているうちに雲間から槍ヶ岳が見えてきたのですかさずパチリ。
一瞬で雲に隠れてしまうので撮れる時に撮っておくのが吉ですね
(*^ー゚)bグッジョブ!!

(続く)

|

« 残念、無念・・・ | トップページ | 北アルプス表銀座、プチ縦走記(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス表銀座、プチ縦走記(1):

« 残念、無念・・・ | トップページ | 北アルプス表銀座、プチ縦走記(2) »