« 北アルプス表銀座、プチ縦走記(1) | トップページ | 一泊二日で奥穂高岳(1) »

北アルプス表銀座、プチ縦走記(2)

テントを張ってから食事の支度をしました。
今夜のメニューはカレーライス。
といっても、アルファ米とレトルトカレーですが、山って不思議なもので、

何を食っても旨さ倍増なんですよね!

そうそう、カレーにはビールでしょ!ってことでまた買いに山荘まで行ったのですが、なんとそこにはビールだけじゃなくて、赤ワインまで売っているじゃないですか!
といっても、瓶ではなくてデキャンタ(量り売り)ですが、

思わず500ccも買ってしまいました゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

山の上とはいえあまり飲み過ぎるのもヤバいのでご飯を食べた後、一人でお隣にテントを張っていた男性にも声をかけて酒盛りをしました。
ちなみにこの日のテントは2張りだけでしたが( ´・ω・`)

話をしていると「山に登る人ってマニアックな人が多いですよね」という話題になったので、何かそのような趣味をされているのか聞いてみました。

するとその方はマラソンが趣味だそうですが、ただのマラソンじゃなくてウルトラマラソンという100km走る超絶マラソンに参加されているとか(゚0゚)

そりゃ、マニアックだわさ。

ちなみに11時間くらいで完走されるそうです。

5kmで膝が痛くなるおいらには無縁の話ですね。

逆になにか趣味はと聞かれたので、「ボルダリング(壁登り)を少々・・・」と答えたら、

そりゃ、マニアックですね。

と返されました。

ま、山に登る人はマニアな人が多いの言うのがわかる気がしました(ノ∀`) アチャー

そんなこんなで酒盛りが終わりそれぞれテントに戻って寝ましたが、テント場のすぐ横に雪渓がありそっちの方から風が吹くので、

朝方は寒くて目が覚めました・・・(((; ゜Д゜)))ガクガクブルブル

120710_hinode 翌朝、日の出前に起きだしてテントを収容しつつ朝焼け&日の出を撮影。
120710_hinode2 昨日はガスって何も見えなかった方面もバッチリ。

120710_otenshou テントを収容してから徒歩10分の大天井岳へ荷物をおいて出かけました。
120710_otenshou2 この時まではピーカンで360度どこを向いても絶景です。
120710_otenshou3 ここから槍ヶ岳までの東鎌尾根が見えていて、この稜線を歩けばいつかは槍へ到達するのかと思うとワクワクしますよね。

お隣りの方は今日は山荘で知り合った人達と常念岳まで縦走してそこからタクシーでまた燕岳登山口まで戻るそうです。
おいらたちはまた燕岳へ逆走しますが、荷物さえ軽かったら行きたかったですねぇ・・・

道中でまた雷鳥がお出ましになられたのでパチリ。
120710_raichou 雷鳥を見るとふと思うこと。

「丸々と太って旨そ・・・もとい、可愛いですね(・∀・)ニヤニヤ」

そんな雷鳥に見送られながらきた道を引き返します。
昨日より幾分天気もいいし荷物も軽い気がするし良いペースで歩けました。

燕山荘までは昨日よりも速いタイムで到達し、昼ごはんにうどんを食べました。
軽食とはいえども温かい食事を出してもらえるのはありがたいですね。

あと少しで登山口の中房温泉というところで雨に降られましたが無事に下山。
日帰り温泉に浸かって帰宅の途につきました。

ちなみに中央道駒ケ岳SA(名古屋方面)のコンビニで売っている長門牧場ソフトクリームは味が濃厚で絶品です。
隠し味に秘密があるのでぜひご賞味下さい(*^ー゚)bグッジョブ!!

|

« 北アルプス表銀座、プチ縦走記(1) | トップページ | 一泊二日で奥穂高岳(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス表銀座、プチ縦走記(2):

« 北アルプス表銀座、プチ縦走記(1) | トップページ | 一泊二日で奥穂高岳(1) »