« 一泊二日で奥穂高岳(1) | トップページ | やったぜ、こんちきしょう!! »

一泊二日で奥穂高岳(2)

一泊二日で奥穂高岳(1)はこちら

(続き)

夕食前にコーヒーでも飲もうと思いテラスへ出たところ、ちょうど雪渓が真下にあるので吹き上げる風の冷たい事。
標高約3000mなので当然夏でも寒いわけですが、雪渓からの風もありダウンか厚めのウインドブレイカー必須です。
120716_jounenn 震えながらお湯を沸かしてコーヒーを淹れましたが、目の前には常念岳が見えました。

この日は霧のために乾燥室が稼働していたので濡れた衣類を干しに行ったのですが、すでに乾燥室は大量の衣類で干す所を探す事に。
するとどこからか外国語が聞こえてきます。
衣類をかき分けながら聞いているとどうやら韓国語のようです。
しかも乾燥室の中心部の方から聞こえてくるので近づいてみると・・・

なんと、足元で、しかも5人ほどが円形に座り込んで大声で話し込んでいました( Д) ゚ ゚

部屋に戻ると下の階から大きな声の同じ言語がず~っと聞こえてきます。
すると到着後に疲れて寝ていたと思われる同室の年配の女性がおもむろに起きだして、

「誰かラジオつけてる?」

と聞いて来ました・・・(^-^;

みんな一斉に指を下に向けましたけどね(笑)

夕食後も賑やかな話し声に眠れるのかどうか不安になりましたが、

布団をかぶったら速攻で寝てました゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

翌日は朝食をお弁当にしてもらって早く出発することにしていました。
朝一番から山荘横の崖をよじ登り昨日きた道を戻ります。
朝からガスって何も見えませんでしたがさすがに下りるよりはよじ登ったほうが恐怖感は少なくて楽ですね。
もう一度奥穂高岳の山頂で写真を撮ったのですが、この時ふと思った事・・・

あ、弁当もらうの忘れた・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

なんという痛恨のミス・・・。

山で食料がないなんて自殺行為じゃないか・・・。

早出のことばかり気に取られてすっかり弁当の存在を忘れておりました(´・ω・`)ショボーン

ま、こんな時のために大量におやつ・・・もとい、非常食を持ち歩いているから問題はないのですけどね(違)

少しは後悔しつつ吊尾根を下ると昨日の鎖場が出てきました。
昨日はガスってたし登りだったからさほど怖くなかったけれど、今日は下りなのでバッチリ崖下が見えます。
ま、まあ、登れたんだから降りれるはずですよね(;´▽`A``
ちゃんと三点支持しながら足場とホールドを確認していれば問題なく降りれました。
120717_turione1 下から見上げると崖に人がいっぱい張り付いているのが見えました\(;゚∇゚)/

そうこうしていると、なんとガスが晴れてきました!
120717_turione2 奥穂高岳から前穂高岳まで続く吊尾根の稜線がハッキリと姿を見せだしたのです。
120717_turione3 遥か眼下に岳沢小屋も見えています。
120717_turione4hana 花もいっぱい咲いております(名前はまったくわかりませんが/笑)

120717_turione5sekkei滑ったら昇天できそうな雪渓をトラバースも何箇所か通って紀美子平まで来ました。

120717_turione6sekkeihasigo雪渓といえば昨日恐ろしかった雪渓&ハシゴも見えてきました。
今日は逆走なので多少楽ですが、やっぱ怖いですね。

そうこうしていると今日も現れました!

オス・メス2羽のライチョウ!

120717_raichou 仲良く餌をついばんでツガイでしょうか?

どんどん降りていくと長いハシゴも再び登場。
120717_hashigo もちろんハシゴも下りるほうが恐怖感倍増です。

途中、岳沢小屋で小休憩をしてから一気に上高地まで下りますが、山頂付近が寒かったのもあってこの辺りから気温も高くなったように感じて汗をかきながらの下山です。
暑さに心折れそうになりながら歩いていると素晴らしいモノが現れました。

120717_dakesawacooler1 岳沢名物 天然クーラー 「風穴」

そういえば昨日の通った時に下山中のご夫婦がこの前に腰を下ろして嬉しそうな顔をしてたことを思い出しました。
穴のなから吹いてくる自然の扇風機みたいなものかと思って近づいてみると・・・

冷たい!!

扇風機どころかまさしくクーラーじゃないですか!!

暑さと疲労が一気に吹き飛ぶ感じです。
生き返るとはこの事ですね。
でもなんでこんなに冷たい風が吹くのだろうかと疑問に思ったので覗いてみました。

なるほど・・・凍ってました(笑)

120717_dakesawacooler2そりゃ冷たいわけですね(*^ー゚)bグッジョブ!!

ここでしばらく鋭気を養って無事に下山しました。
上高地に降りると平日だというのに人で溢れかえっていました。
相変わらずの人気を誇る日本屈指の避暑地だけありますね。

そうそう、河童橋の袂にあるジェラート屋さんのミルクジェラートが絶品です。
でも、すぐ横のテーブルで食べていると足元に鳩がやってきて、

餌を催促されますが(笑)

(完)

|

« 一泊二日で奥穂高岳(1) | トップページ | やったぜ、こんちきしょう!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一泊二日で奥穂高岳(2):

« 一泊二日で奥穂高岳(1) | トップページ | やったぜ、こんちきしょう!! »