« 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(2-1) | トップページ | 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(3-1) »

秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(2-2)

北アルプス最深部にして最後の秘境と呼ばれる「雲ノ平」へ行ってきました。

秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(2-1)

雲ノ平は祖父岳の噴火によって形成され、標高2500m~2700mにある溶岩台地です。

しかし溶岩台地といっても現在はハイマツや高山植物、池塘とよばれる小さな池や沼が点在し、3000m級の山々に囲まれつつもその周囲は岩苔乗越の南側より流れ出る黒部川の源流が作り出す谷と、北側より湧き出しいずれは黒部川本流に流れこむ岩苔小谷の深き谷により、「緑の台地」として山々から切り離されて浮かんでいるように見えます。
P1050804_r

徐々に雲ノ平が近づいてきました。
緑の覆われていますが溶岩なのか噴石なのか・・・近くまでくると大きな岩が転がっていました。
P1050827_r

そしてとうとう最後の秘境と呼ばれる雲ノ平の台地に到達し、その絶景を堪能しながら歩きます!
P1050838_r

雲ノ平は木道の分岐までもが美しいですヽ(´▽`)/
P1050832_r

台地のど真ん中に佇む雲ノ平山荘。
2日目にしてようやく辿り着いた本日の宿です。
P1050853_r

5年ほど前に建て替えたので館内はとても綺麗で、とても秘境にある宿には見えません。
おされカフェ的な雰囲気全開ですな。
P1050891_r

今日の昼飯は時間があるのでインスタントの熊本ラーメンを作りました。
もちろん命の水であるビールも(`・∞・´)
その後夕食まで時間があるので雲ノ平を散策しました。

横から見た雲ノ平山荘。
独特な外観だけに広大な台地の中でも目立ちますね。
P1050869_r

池塘があちこちに見えていてどこを見回しても絶景が広がっています。
P1050876_r

緑の台地と白色の木道のコントラストが良いですね。
左手は祖母岳。
P1050870_r

道中の標識にはユーモラスなアドバイスが!
P1050890_r

そしてお約束の絵窓。
横に人がいていいアングルが確保できませんでした( ´・ω・`)
P1050894_r

今回の雲ノ平でのベストショットはこれです。
雲ノ平山荘のシルエットがナイスですね゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
P1050896_r

午後から晴れてきたのもありますが、ホントに雲ノ平は美しい風景に包まれていました。
まさしく地上の楽園といった感じでしょうか。

ちなみに雲ノ平山荘の夕食は石狩鍋ですが、これがまた良い味付けで絶品です。
男性はもちろん女性もみんな笑顔でおかわりしていました。

(続く)
 
 

|

« 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(2-1) | トップページ | 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(3-1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(2-2):

« 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(2-1) | トップページ | 秘境「雲ノ平」へ@4日間歩き倒し山行(3-1) »